元祖国際秘宝館

元祖国際秘宝館

2007年3月末で残念ながら閉館してしまいました。

ラストに訪れたというWeekly Teinou 蜂 Womanの土屋さまが、flickrに「Hihokan Erotic Museum」として館内の写真を多数アップされてますので、訪れることのできなかった方は、是非ともこちらでご堪能ください。リンク許可ありがとうございました!
更には外国人の方が各地の秘宝館を撮影したページまで教えていただきましたので、こちらでもご堪能ください。

伊勢エロスの館 元祖国際秘宝館 [DVD]

元祖国際秘宝館伊勢といえば、日本で最も神聖な場所と言われる伊勢神宮。その伊勢神宮へ向かう県道37号線沿いに、300mぐらい前から目立つアラブ宮殿のような建物。これが「元祖国際秘宝館」。電話で場所を尋ねた時も「世古っていうところで、バス停の目の前にあるアラブ宮殿のような建物がそうです。お待ちしております。」と言われた。
確かにアラブ宮殿みたいだけど、何かちょっとちがう。上の部分はアラブっぽいが、下の部分はドイツとかの古城の外壁のようで、それがミスマッチのような気がする。
しかし、私はアラブにもドイツにも行ったことがない。アラブ宮殿という刷り込まれたイメージが「ああ似てる」と思わせているだけなのだから、本当のところはどうだか知らない。

ところでこの秘宝館、実はパチンコやボーリング、果てはドライブインまで併設する総合レジャーランドなのだ。総合レジャーランドという表現は、すごいものを想像しがちだが、外見の通り。同じランドでも、健康ランドとディズニーランドくらいの違いだ、総合レジャーランド。パンフレットにあったからそのまま使ってみただけ、総合レジャーランド。
しかし、総合レジャーランドだけあって、温泉地の秘宝館にありがちな「ひっそりと」した雰囲気はみじんもない。明るくオープンに、ということだろうか。「毎日実演・馬の交尾ショー」もあるくらいだから。

元祖国際秘宝館さーて、館内へ。と、その前に駐車場の片隅に変な人形を発見。「TVでもおなじみの秘宝オジサン」とあるけど、私はTVで見たことがない。まあ、関西圏では「おなじみ」なのかもしれないですね。
しかしこの3頭身、サザエさんの仲間かと思いました。年老いたタラちゃんか、もしくは客引きの波平。元祖国際秘宝館

そして入口に近づいた私の目に、最初に飛び込んできたのが右の「伊勢志摩観光みやげ」。思わず「これがー?!」と目を疑ったが、横に2Fと緑の矢印がありました。
でも、下のシロナガスクジラの雌生殖器(画像処理でぼかしてます。)についている赤の矢印。
どうみても「伊勢志摩観光みやげ」に呼応しているようなんですけど・・・。

元祖国際秘宝館まだ中に入ってもいないのに、早々の牽制パンチをくらい「関西のテイストは、ちょっとヘビーだなぁ」と思いつつ、2Fの入口へと向かう。
階段を上る途中の壁には、居酒屋のメニューかと思うくらい「女体滑り台」だとか「動物の生態」「陰部神社」など、短冊状のたくさんの張り紙。展示してある全部について書いてあるんじゃないかっていうくらいだ。
そして、さっきの秘宝オジサンと一緒に「社会に役立つ元祖国際秘宝館」の金文字。何がどう役立っているんだか、よくわからない。何しろ「18歳未満は入場禁止」なのだから、青少年には有害とされるわけだ。
まあ、深く考えないことにして中に入る。

撮影禁止残念ながら、ここから先は撮影禁止。
今回もイメージ画像でお楽しみください。

尚、ここから先は18歳未満の方、エッチな話題が苦手な方はご遠慮ください。

さらに続きを見る